妊娠線が消える方法 治療

MENU

治療によって妊娠線が消える方法

妊娠線が消える方法について

 

病院やクリニックを利用することで妊娠線が消える方法
あるんです。

 

具体的にどのような方法なのか?
治療費用はどれくらいかかるのかを調べてみました。

 

 

美容整形で妊娠線が消える方法

 

妊娠線が消える方法について

 

美容クリニックでも妊娠線をキレイになくすことが出来ます。
最近の一番の流行は、レーザーを照射することで皮膚の再生をします。

 

レーザーを当てるとコラーゲンも増えるので、皮膚もプルプル妊娠線も
なくなって美しい素肌になれます。

 

レーザー治療は、切らないので安全で痛くない!痕も残らないとメリットが
多いのですが、値段がとっても高いのが大変です。
一般的にお腹の部分を消すのに何度も通って30万円というのが普通です。

 

妊娠線が消える方法で一番即効性があり、きれいになる方法ですが値段が高い!
妊娠線が深くてひどい人だと、まだ値段が上がるから初めにクリニックで必ず
大まかな金額を見積もってもらいましょう。

 

お金が足りなくて途中で断念するという人もいます。
治療はお腹だけでなく、太もも、バストに出来た妊娠線も施術してくれます。

 

治療する場所が増えるほど値段も上がりますから、妊娠線が消える方法で
クリニックに通うなら、自分の体のどこまでやってもらうかを
きちんと決めて通うのがいいでしょう。

 

例えば一番ひどいお腹のへそ周りだけをレーザーするという選択もありです。

 

 

皮膚科で妊娠線が消える方法

 

妊娠線が消える方法について

 

皮膚科も美容皮膚科が入っている皮膚科なら、妊娠線の治療も受け付けてくれますよ。
美容が入ってない普通の皮膚科に行って妊娠線が消える方法を相談すると、
気休めにクリームみたいなのを渡されて終了です。

 

美容皮膚科が入っているとレーザー治療してくれたり、縫う治療もしてくれます。
妊娠線は、皮膚の中が裂けているから皮膚の表面から切って縫うという治療も出来ます。

 

ただ、縫うと痕が一生残ります。
少しは目立たなくなりますが、痕が出来るのと術後しばらく痛いのが大変です。

 

縫うと傷が出来るので、産後の弱った体のときはあんまり薦められないです。
傷があると入浴もままならないし、子供を抱くときに痛いという問題もあります。

 

妊娠線の治療で縫ってくれる皮膚科は、あまりないそうなのでネットで調べてみたり
産婦人科の看護師さんに聞いてみると教えてくれたりしますよ。

 

妊娠線が消える方法は、産んだ病院が一緒のママと仲良くなって聞いてみるのもいいですね。
人の情報が一番有力なので、病院とか市の赤ちゃんイベントを利用するといいですよ。

 

病院の1ヶ月検診はほぼ産んだ日が同じ人が集まるので、勇気を出してライン交換したり
ママ友を作れる絶好のチャンスです。