妊娠線が消える方法 手術

MENU

手術による妊娠線が消える方法

妊娠線が消える方法について

 

妊娠線が消える方法で、手術を使うという選択もあります。

 

手術といってもそこまで大きなものではないので、
どのようなことをするのか具体的に紹介します。

 

 

手術による妊娠線が消える方法の種類

 

妊娠線が消える方法について

 

縫合手術による妊娠線が消える方法

手術で妊娠線を治すとなると、一番手術らしい方法は縫合する方法です。

 

漢字の通り「縫合」つまり手で縫います。
妊娠線は、皮膚の表面ではなくその中の真皮が破れて裂けている傷の
状態のことなので、皮膚を切って開けてから、裂けている肉を縫い合わせるのです。

 

もちろん切るので痕が残ってしまいます。

 

けれども深くて酷い妊娠線の場合は、縫合手術をした方が人によっては
目立たなくなるという方もいるのでこの方法を選ぶこともあります。

 

施術は美容形成外科か美容クリニックでしてくれるので、普通の皮膚科を
受診しないように気をつけましょう。

 

妊娠線は放っておいても命に別条はないので、普通の病院に行くと
嫌がられます。

 

妊娠線が消える方法というよりも、傷が目立たなくなる程度で痕は残ります。

 

レーザーを使った妊娠線が消える方法

レーザーを照射して、無理やり軽いやけどを状態を作って肌を傷つけます。
皮膚の自然治癒力を利用して妊娠線をキレイに治します。

 

軽いやけどをすることもありますが、手術のように切らないので
衛生的で痕が残りません。

 

傷が深い場合は何度もレーザーを当ててもらうために通わなければならない。

 

妊娠線が消える方法としては多くのクリニックで取り入れられている方法。

 

ガス注入による妊娠線が消える方法

フランスが発祥のガスによる妊娠線の治療。

 

血行を良くする特別なガスを妊娠線の部分に直接注射して、血行を良くしてから
細胞を活性化させます。

 

細胞が活性化することによって、亀裂の入った皮膚の部分が自然に治っていくので
痛みもなく、切らないので痕も残ることがありません。

 

費用が比較的安く、レーザーと違って一回で効果が表れるので何度も繰り返し
通わなくてよいという利点があります。

 

ダーマローラを使った妊娠線が消える方法

美容皮膚科などでは、ダーマローラを使った妊娠線が消える方法があります。

 

ダーマローラ社が作った細かい針が無数に刺さったローラーを、身体に
ぐさぐさと刺していき、無理やり傷を作って肌の治癒力を利用して
妊娠線を直していきます。

 

きちんとした病院であれば問題ありません。

 

個人的にネットで取り寄せて、衛生状態の良くないローラーを使うと
細菌が皮膚に入って汚くなった、痕がひどくなってしまったという事例があるので
自分でやらずに、病院に任せるのがいいです。