妊娠線が消える方法 オイル

MENU

オイルを使った妊娠線が消える方法

妊娠線が消える方法について

 

オイルなどを使って妊娠線を消す方法もあるそうです。

 

どのようなオイルが有効なのか?
本当に効き目があるのかを調べてみました。

 

 

オイルを使った妊娠線が消える方法

 

妊娠線が消える方法について

 

妊娠線が消える方法の一つにオイルを使うことがあります。

 

ベビーオイルとか、オリーブオイルの化粧品のものなら体に使っても
大丈夫です。

 

ホホバオイルとかもくせがなく刺激がないので良いです。

 

食用に食べる油ではなく精油されたオイルの中でも、特に純度が高く
化粧品用に加工されたものならお腹に使っても大丈夫です。

 

具体的にどうするのかというと、妊娠線が消える方法というよりも
保湿のためにオイルを使用します。

 

乾燥すると妊娠線ができやすくなってしまうので、いつも乾燥しないように
クリームとか、オイルを使って保湿するのはとてもいいことです。

 

すでに出来た妊娠線を元通りにすることは難しいですが、精油を使うことで
悪くなるのを食い止めたり、肌を柔らかくして妊娠後期に訪れるハリを
ケアする働きがあります。

 

 

オイルをずっと使えば妊娠線は消えるのか?

 

妊娠線が消える方法について

 

マッサージや、保湿の目的でオイルや精油をお腹に使い続けていると
妊娠線は消えてしまうのでしょうか?

 

妊娠線が消える方法として考えると、精油で妊娠線がきれいに消えるまでには
年単位で時間がかかってしまうんですよ。

 

なぜなら表面から見てもわかると思うんですけど、妊娠線って本当に皮膚の
深いところまで、引き裂かれているものなんです。

 

私にもあるから分かるんですが、できるときはかなり痛いです。
張り過ぎて痛い時の痛みに似ています。
出産後に出来る時も同じように痛みがありますよ。

 

そういうわけで、そこまで皮膚の内部が裂けて割れているので普通の怪我と
同じようなものが複数できているんです。

 

皮膚の状態が元通りになるまで、例えば新しくできた妊娠線がすぐに発見して
すぐオイルや精油で保湿して、柔らかくマッサージすれば治る可能性が
高いんですよ。

 

問題は気がつかなくって、皮膚が離れた状態で固まってしまったら……
時間がたつと妊娠線が消える方法としては難しくなります。

 

治すまでお腹の真皮がサイクルで変わるのに5年かかるので、5年くらいずっと
保湿を怠らなければ目立たなくなるそうです。

 

つまり努力しないとオイルを使っても消えないということです。

 

オイルと一緒にスクラブを使って、古い角質を落とすと効果が高まるらしいので、
産後しばらくたって体が元気になった方は、スクラブを使ってみるといいですよ。