妊娠線が消える方法 レーザー

MENU

レーザーを使用した妊娠線が消える方法

妊娠線が消える方法について

 

日本のクリニックでは妊娠線が消える方法でレーザーを
使うことが多いです。

 

どのような方法でするのか、安全なのかを調べてみました。

 

 

レーザーを使った妊娠線が消える方法のメカニズム

 

妊娠線が消える方法について

 

レーザーを使った治療方法は、日本のほとんどの美容クリニックで
使われている方法です。

 

レーザーを使って妊娠線が消える方法のメカニズムは、とても簡単で
強い光で肌をわざと傷つけて、その傷を治す力を利用して妊娠線を
治して元通りのきれいな素肌に戻すという方法です。

 

妊娠線が若い(出来てすぐ)なら一回のレーザー照射で改善しますが、
古いものだと何度か繰り返していくうちに徐々に薄くなっていきます。

 

つまり簡単に説明すると、素肌の治癒能力を利用して裂けている妊娠線の
肉割れ部分をくっつけるということになります。

 

いろいろな施術がありますが、基本的に自然治癒力を利用すると
きれいに治ります。

 

 

レーザーを使った妊娠線が消える方法の値段は?

 

妊娠線が消える方法について

 

一番気になるのはどのくらい費用がかかるか?ですよね。
費用ははっきりうと、肉割れの傷の深さが大きなポイントになります。

 

傷が深ければ深いほど、何度も繰り返しレーザーを当てなければならないので
値段も高くなり、通う期間も長くなってしまいます。

 

一般的に1部分だけ一回照射すると1万円〜4万円くらいかかります。

 

出来てすぐの妊娠線なら一回で消えることもあります。
妊娠線はお腹だけでなく、バスト、太もも、二の腕など様々なところにできるので、
何カ所もあると値段も当然上がります。

 

一般的なクリニックでは20から30万円くらいで治してくれるので
費用的に考えてカウンセリングでだいたいの金額を提示してもらって
詳しくプランをたてましょう。

 

 

レーザーを使うことのメリット

 

妊娠線が消える方法について

 

妊娠線が消える方法でレーザーを使用するメリットは、傷が出来なくて
衛生的で安心ということです。

 

無理やりや軽度の火傷の状態を作るので、たまに痛いときもありますが
基本的に切らないので、衛生的で安心できます。

 

傷がないのでシャワーとか入浴も制限されないのが嬉しいです。

 

クリームを使う方法は、いつ治るのか終わりが見えないのに対して
データを使った妊娠線が消える方法は、確実に傷が再生して治癒していくので
素早く改善することができます。

 

レーザーのほかにもフランス式のガスを注入する方法もあります。

 

他にも針を使った方法も海外ではよく使われています。
日本より海外のほうが妊娠線を治すことに積極的ですよ。