妊娠線 予防

MENU

妊娠線の原因を知って、予防を効果的に行おう!

妊娠線の症状・原因・予防法について

 

近年妊娠線のケアは、妊婦さんの間で
当然のことと言われています。

 

妊婦さんの約70%は、いずれかのパーツに、
妊娠線ができると言われています。

 

正しい予防ケアをしっかりと行なっていくためには、
妊娠線ができてしまう原因を知り、その原因に合わせた
予防対策が必要でしょう。

 

では、具体的にどんなことが妊娠線の原因として、
挙げられているのでしょうか?

 

今回この記事では、妊娠線ができてしまうそれぞれの原因や
予防法について、調べてまとめてみました。

 

これからお腹が大きくなり、妊娠線ができないか心配!
という妊婦さんは、是非参考にしてみてください。

 

この記事がお役に立てれば、嬉しく思います。

 

妊娠線ができる原因と予防法

 

妊娠線の症状・原因・予防法について

 

ステロイドホルモンの影響

 

コルチコステロイドというホルモンの分泌量が増えること、
そして黄体ホルモンの分泌量が増えることは、
妊娠線の原因と深い関係があります。

 

コルチコステロイドというホルモンや黄体ホルモンは、
保湿成分であるコラーゲンの生成を抑えたり、
ターンオーバーを遅らせてしまうという働きがあります。

 

保湿成分が減り、ターンオーバーが遅れるということは、
肌が乾燥しがちになるということです。

 

また、胎児に水分や栄養を送らなければならないので、
身体全体が水分不足になりやすく、皮膚も乾燥しやすくなります。

 

ですから、ステロイドホルモンの影響からくる肌の乾燥が
妊娠線の原因の一つと言えるでしょう。

 

乾燥しやすくなった肌は敏感になり弾力を失っているので、
普段以上に妊娠線ができやすくなります。

 

対策には保湿を

 

乾燥は、妊娠線ができやすくなる原因と言われています。

 

ですから、肌に潤いと弾力を保つことが、
予防法としては最も効果的です。

 

妊娠線対策専用のオイルやクリームなどで
保湿をすると良いでしょう。

 

保湿やうるおいの成分を与えてあげることで、
肌が弱くなるのを防ぎ、妊娠線予防につながります。

 

急激な体重増加

 

妊娠すると、急激な体重増加やお腹が大きくなることによって、
皮膚が引き伸ばされます。

 

それに、皮膚が追いつかなくなることが、
妊娠線ができる原因
です。

 

体重コントロール

 

急激な体重増加は、妊娠線の原因となるため、
体重を急激に増やしてしまわないように
コントロールすることが大切です。

 

徐々に皮膚が引き伸ばされると妊娠線を
予防することができるので、食事の管理や運動などにより、
体重をコントロールすることが必要でしょう。

 

 

妊娠線を消すクリーム ランキング