産後 妊娠線

MENU

産後に気づいた妊娠線、考えられる原因とは一体?

妊娠線の症状・原因・予防法について

 

妊婦さんにとって、妊娠中の妊娠線ケアは
今や常識となっていますが、産後に妊娠線に気づき、
ショックを受けたという妊婦さんは実は多い
ようです。

 

妊娠中しっかりケアをしていたつもりなのに、出産後に
妊娠線ができていることに気づくと、何が原因なのだろうか?
と気になりますよね。

 

では、産後に気づく妊娠線の原因として考えられることには、
どのようなことがあるのでしょうか?

 

産後に妊娠線に気づく原因とは?

 

妊娠線の症状・原因・予防法について

 

通常は、産後半年ほど経つと、妊娠中にできた妊娠線も
白っぽく薄くなるので、目立たなくなります。

 

産後は真っ赤だった妊娠線がピンクから白へと
徐々に薄くなると安心しますが、産後に新しく
妊娠線に気づいたというケースも実は多いようです。

 

では、その原因として考えられることとは、
いったい何でしょうか?

 

お腹の大きさが戻る

 

出産直前にはパンパンだったお腹も、
産後には徐々に元の大きさに戻っていきます。

 

妊娠線は、お腹が急激に大きくなり、皮膚の伸びに
真皮などの組織がついていけないことが原因です。

 

しかし、急激に伸びるだけではなく、急激にお腹の大きさが
元に戻ることも、妊娠線の原因となることがあります。

 

大きくなるだけでなく、突然小さくなることも原因となるため、
急激な皮膚の伸びだけでなく、急激な縮みも、
妊娠線に影響を与えると考えてよいでしょう。

 

忙しくてケアできていない

 

産後の生活は、今までの生活とは全く異なります。

 

特に、初めての出産したという場合には、慣れないことが多く、
自分の事には構っていられないというパターンが
少なくないんです。

 

赤ちゃんの世話で、時間も心の余裕もなく、
ゆっくりと妊娠線のケアが行えないということになると、
産後に悪化してしまうことがあります。

 

妊娠中には、保湿ケアなどを意識していたものの、
産後にケアができないと、いくら妊娠中にケアをしていても、
妊娠線の原因となってしまうことがあるんです。

 

まとめ

 

妊娠線の症状・原因・予防法について

 

妊娠線が急激に現れるのは、
妊娠中だけでなく産後ということも考えられます。

 

産後は、急激にお腹の大きさが小さくなるだけではなく、
忙しくてなかなかゆっくりとケアが行えないんため、
妊娠線が悪化する原因になることがあります。

 

妊娠中だけケアをしたから大丈夫!というわけではないため、
多くの時間はかけられないとしても、保湿ケアなど
シンプルなケアを、産後も続けていくことが
予防のポイントと言えるでしょう。

 

 

妊娠線を消すクリーム ランキング