妊婦 妊娠線

MENU

妊婦さん必見!妊娠線の二大原因とは?

妊娠線の症状・原因・予防法について

 

妊娠線がなぜできてしまうのか?というメカニズムや
その原因
を知っておくと、効果的な妊娠線の予防に
役立つでしょう。

 

それで、今回この記事では、妊娠線ができるメカニズムや原因、
妊娠線を悪化させてしまいかねないホルモンなどについて、
調べてまとめてみました。

 

今、妊娠中で妊娠線予防に関心がある!という方は、
ぜひ参考にしてみてください。
この記事がお役に立てれば、嬉しく思います。

 

妊娠線ができる原因とは?

 

妊娠線の症状・原因・予防法について

 

妊婦さんにできる妊娠線の原因には、主に二つが挙げられます。

 

妊娠線は、ひび割れたような線が肌に出てくる症状ですが、
皮膚の表面では無く、真皮や皮下組織といった深い部分にある
組織が断裂することで起こります。

 

皮膚の伸び

 

妊娠線は、ときどき肉割れと言われることがあります。

 

妊娠すると、赤ちゃんの成長に伴って
妊婦さんのお腹が大きくなりますよね。

 

お腹が大きくなるということは、
皮膚も一緒に伸びていくということです。

 

妊娠後期には、お腹が
はちきれそうという妊婦さんも少なくありません。

 

皮膚が急激に伸びることによって、ついていけないお腹の皮膚に
亀裂ができてしまうことが、妊娠線の原因です。

 

皮膚の表面である表皮は皮膚の伸びに対応できます。

 

しかし、真皮や皮下組織といった奥にある部分の組織は、
弾力性に欠けるため、お腹の伸びについていけず
亀裂ができてしまうんです。

 

表面上の傷ではなく、肌の奥深くの部分の傷なので、
治りにくいという特徴を持っています。

 

ホルモンの影響

 

妊娠中の妊婦さんの体内では、コルチコステロイドという名前の
ホルモンの分泌量が増加します。

 

このホルモンは、肌にハリ、つまり弾力を与えてくれる働きをする
線維芽細胞というものの他の働きを
抑えてしまう特徴を持っています。

 

つまり、肌の弾力を失わせてしまうホルモンだというわけです。

 

このコルチコステロイドホルモンが多く分泌されることで、
コラーゲンの量が減ったり、ターンオーバーが遅れることにより、
肌にハリがなくなってしまうんです。

 

それで、妊娠中に敏感になってしまった肌は、
皮膚の断裂を起こしやすく、妊娠線の原因
となるというわけです。

 

まとめ

 

妊娠線の症状・原因・予防法について

 

妊婦さんに現れる妊娠線は、皮膚の急激な伸びと
弾力を失うことのふたつが原因だと言われています。

 

体重をよくコントロールし、肌の弾力を保つことで、
効果的なケアを行うことができます。

 

妊娠線はお腹だけでなく、脚などにもできやすいので、
妊婦さんは、しっかりケアしましょう。

 

 

妊娠線を消すクリーム ランキング