妊娠線 かゆみ

MENU

辛い妊娠線のかゆみの原因とは?

妊娠線の症状・原因・予防法について

 

妊娠線は、見た目にももちろん気になるものですが、
その辛いかゆみが原因で、頭を悩ませているという妊婦さんは
意外と多いようです。

 

妊娠線のケアをしていればいるほど、
かゆみも気になってしまうものです。

 

では、なぜ妊娠線はかゆみを引き起こすことがあるのでしょうか?
かゆい時には、どうすれば良いのでしょうか?

 

今回この記事では、そのような点について、
調べてまとめてみました。

 

妊娠線のかゆみの原因を知り、効果的な対策をしたいという方は、
是非参考にしてみてください。
この記事がお役に立てれば、嬉しく思います。

 

妊娠線のかゆみの原因とは?

 

妊娠線の症状・原因・予防法について

 

ホルモンの影響

 

妊娠線のかゆみの原因として考えられる大きなものの一つは、
ホルモンの影響です。

 

妊娠すると、体の中のホルモンのバランスが変化しますが、
変化するホルモンの一つにコルチコステロイドがあります。

 

このコルチコステロイドというホルモンが、
ターンオーバーを抑えたり、コラーゲンの生成を抑えることで、
肌から潤いを奪ってしまうという働きを持っています。

 

さらに妊娠中に特に多く分泌される黄体ホルモンが、
エストロゲンという肌のハリを保ってくれるホルモンの働きを
抑えてしまうため、肌荒れや乾燥が引き起こされます。

 

乾燥することで、肌はより敏感になり、
外部からの刺激を受けやすくなります。

 

そこに皮膚が引き伸ばされることや、下着の擦れなどが
刺激として加わると、辛いかゆみの原因となることがあるんです。

 

妊娠線は傷の一種

 

治りかけのかさぶたがかゆみの原因となることがありますよね。

 

妊娠線も、肌の深い部分でできている傷の一種なので、
治りかけのときや妊娠線ができ始めの時に、
かゆみを伴う
ことがあるんです。

 

かくと余計とかゆくなる

 

妊娠線ができている部分は、肌が引き伸ばされ薄くなっています。

 

そこは通常よりも敏感になっているところなので、
かきすぎることにより、炎症を起こしたり、
かさぶたになってしまうことがあります。

 

妊娠線のかゆみが気になり、それをかくことで、
余計とかゆみが悪化してしまうことがあるという訳です。

 

かくと余計とかゆくなるだけでなく、
傷跡も残ると言われているため、できるだけ、
かくのではなくその他の対策が必要です。

 

保湿を行うことで、
かゆみが軽減したという方は少なくありません。

 

まとめ

 

妊娠線の症状・原因・予防法について

 

妊娠線がある部分は、皮膚の薄さやホルモンの影響が、
かゆみの原因となることがあります。

 

徹底的な保湿でかゆみを軽減し、
傷跡を残さないようにしましょう。

 

 

妊娠線を消すクリーム ランキング