妊娠線が消える方法 美容外科

MENU

美容外科を利用した妊娠線が消える方法

妊娠線が消える方法について

 

妊娠線が消える方法で一番確実なものがあります。

 

美容外科を利用するものなんですけど………
どのくらい値段がかかるのでしょうか?

 

期間はどれくらいかかるのか?などなど気になることを調べてみました。

 

 

美容外科を利用した妊娠線が消える方法

 

妊娠線が消える方法について

 

妊娠線が消える方法を考えたとき、一番安心
で、一番確実で、
肌に痕が残らないものといえば「美容外科」を利用する方法です。

 

間違ってもエステではありませんよ、きちんと外科的な施術をしてくれる
美容外科を選ぶようにして下さいね。

 

美容外科で一般的に進められるのは、レーザーを使った照射治療方法か、
フランスで人気のガス治療を進められることがほとんどです。

 

レーザーは何となく想像できますが、ガスで治療するというと
なかなかピンときませんよね?

 

その治療方法は、皮膚の表面の下の妊娠線ができている部分の真皮に
直接血流改善ガスを肌に注入します。

 

ガスを注入することによって、妊娠線の部分の血流が活発になり皮膚が新しくなり
裂けていた部分がキレイになります。

 

治療時間はわずか数分なので、産後の時間がない時や体力がない時でも
問題なく受けることが可能なんですよ。

 

妊娠線が消える方法だけでなく、ダイエットの時にできた肉割れも
この方法で改善することが可能です。

 

このフランス式のガス治療は、取り入れている美容外科がそんなにないので
きちんと確認してからクリニックに行くのがいいです。

 

ガスの場合一回の注入が一万円くらいになっています。

 

 

レーザーを使用した妊娠線が消える方法

 

妊娠線が消える方法について

 

妊娠線が消える方法で、美容外科で使われているのは一番レーザーが
まだまだ多いです。

 

傷のある部分にレーザーを照射して、その部分のコラーゲンを増やしたり
傷を活性化して亀裂の痕を直していくという方法です。

 

皮膚を切らないので安全で、衛生的なのが女性に受けています。

 

ただ問題なのが、値段が高すぎるのと治るまで何度も美容外科に
通わなくてはならないという点があって、やっぱりやめようと考える人も
多いようです。

 

人によっては皮膚の厚みの関係で、火傷のような状態になることも
希にあるので、必ずしも状態が改善するわけではありません。

 

照射は、傷が深いと何度も通わなくてはならなくて……一回に2〜5万円を
通うたびに支払わなくてはなりません。

 

店舗によって金額は全く違うので、しっかり調べるのがいいです。

 

クリームを使うよりもこちらの方が傷に直接働きかけるので、改善するのも早いし
効果が出るのも早いです。