妊娠線 赤い

MENU

産後に妊娠線が赤いのは良くない?どんなケアがおすすめ?

妊娠線予防について

 

妊娠中だけでなく、産後にも色々と体に変化があり、
悩まされているという方は多いようなんです。

 

そんな産後の女性を悩ませるトラブルの一つに、
妊娠線があります。

 

妊娠線は、もちろん妊娠中から出来始めるものなのですが、
産後にも妊娠線が赤い、痛いといった症状で悩まされている方は
少なくないようです。

 

では、産後に妊娠線が赤いのは、良くないのでしょうか?
なぜ、赤くなってしまうのでしょうか?
どのようなケアができるでしょうか?

 

産後の妊娠線で悩んでいるという方は、
ぜひ参考にしてみてください。

 

産後に妊娠線が赤いのは良くないの?

 

妊娠線予防について

 

どのように、妊娠線が赤いという状態が起きるのでしょうか?
そもそも、妊娠線とはどのようにしてできるのでしょうか?

 

妊娠線はなぜできるの?

 

皮膚は、一番奥から
皮下組織・真皮・表皮という3つでできています。

 

表皮は柔らかく急激な皮膚の伸びにも対応できるのですが、
その下の真皮や皮下組織という部分は、
あまり柔軟性を持っていないため、皮膚が急激に伸びると
耐えることができず、組織が裂けてしまうんです。

 

それが、妊娠線などの肉割れが起きる原因です。

 

自己管理不足により、急激な対応体型の変化が起こったために
肉割れをしてしまった場合はもちろんですが、
妊娠により肉割れしてしまった場合も、
何とかして消したい!と思いますよね。

 

ある程度は仕方ないこと

 

妊娠線は、予防ケアなどが行えるとはいえ、
予防したからといって完全になくすことはできません。

 

ケアしていても、体質によっては出来やすかったり、
かなりの妊娠線が出来たり痛みを感じることも
あります。

 

妊娠線が赤いのは、皮膚の奥で起きているケガのためです。

 

表皮は対応したものの、真皮や皮下組織が対応してないため、
組織が壊れ、内出血が起きているので、赤いように見えるんです。

 

ですから、産後に妊娠線が赤いことに気づいたからといって
特別心配する必要はありません。

 

産後に妊娠線が赤いときのケア

 

妊娠線予防について

 

産後に妊娠線が赤い時のケアとしては、
妊娠線を薄くするためのケアとほとんど同じです。

 

痛みがひどい時や赤いときも、基本的にセルフケアで
対処していくことができます。

 

産後は忙しく、妊娠線のケアを怠ってしまいがちですが、
出来る限り保湿を心がけ、規則正しい生活をしましょう。

 

そうすることで、赤い妊娠線も少しずつ改善されます。

 

個人差はありますが、産後1年ほど経つと
妊娠線のつらい症状は治ると言われていますので、
根気強くケアを続けていきましょう。