妊娠線予防クリーム 塗り方

MENU

妊娠線予防クリームを効果的に使うには?おすすめの塗り方

妊娠線予防について

 

妊娠中に伸びてしまう皮膚を守り、妊娠線を予防してくれる
妊娠線予防クリームやオイルには、とても人気があります。

 

せっかくそのような対策を行うのですから、正しい使い方をして、
最大限の効果を引き出したいですよね。

 

妊娠線予防クリームは、どのような使用方法が
オススメなのでしょうか?

 

どうすれば、できるだけ妊娠線を残さないように
対策ができるのでしょうか?

 

今回この記事では、そのような点について、
調べてまとめてみました。

 

妊娠線予防クリーム

 

妊娠線予防について

 

産後の妊娠線を予防するために、
妊娠線予防クリームを購入したものの、
どういう風に使えば良いのか分からない!と悩んでいる方も
少なくないでしょう。

 

市販のボディークリームを今まで塗っていたように
塗れば良いという問題ではありません。

 

妊婦さんの体はデリケートなので、
ゴシゴシすりこむわけにもいきません。

 

使い方をして、妊娠線を予防するということが大切なんです。

 

塗り方のポイント

 

妊娠線予防について

 

まず手のひらで温める

 

妊婦さんは、お腹周りを冷やさないようにと言われますよね。

 

妊娠線予防クリームを塗る前には、
直接皮膚に塗ってしまうのではなく、まず両手のひらで
しっかりと温めてから、お腹に塗りましょう。

 

妊娠線予防クリームのテクスチャーや固さによっては、
手のひらでしっかりと温めてから塗るという塗り方の方が
伸びも良くなるので、おすすめです。

 

量はたっぷりと

 

妊娠線予防クリームの塗り方の上でよく悩むのが、
どれくらいの量を塗れば良いのだろう?ということだと思います。

 

正解は、たっぷりと使用することです。

 

せっかく塗っていても量をケチってしまうと、
肌の潤いが十分にはキープできず、
結局妊娠線ができてしまうという結果になりかねません。

 

いくら丁寧に毎日ケアしていたとしても、
十分な量が足りていなければ、結局のところ
効果がなかったということになりますので、
たっぷりと塗りましょう。

 

特に、最初の時期は適切な量がわからないかもしれませんので、
少し多すぎるかな?というくらいたっぷりという塗り方が
おすすめです。

 

市販の妊娠線クリームは安いものではありませんが、
せっかく使うのであれば、効果が期待できる方法で使いましょう。

 

妊婦さんの中には、妊娠線予防クリームを
ケチった塗り方をしていたら、結局妊娠線ができてしまって
かなり後悔したという方もおられます。

 

妊娠線予防クリームの効果をしっかりと実感するためにも、
たっぷりと使いましょう。