妊娠線予防 マッサージの仕方

MENU

妊娠線予防にはマッサージ!効果的なマッサージの仕方とは?

妊娠線予防について

 

妊娠線予防のマッサージを取り入れておられる方は、
少なくないようです。

 

妊娠線予防に、マッサージはなぜ効果的なのでしょうか?
どのようなマッサージ方法を取り入れれば、
妊娠線予防になるのでしょうか?

 

妊娠線予防とマッサージ

 

なぜ効果的?

 

妊娠線予防について

 

妊娠線予防として、マッサージはなぜ効果的なのでしょうか?

 

妊娠線というのは、体重が増えたり、妊娠して
お腹が徐々に大きくなる時、皮膚が急激に伸ばされるときに
できやすいものです。

 

その時に、真皮や皮下組織という皮膚の奥の部分は、
柔軟に対応できないためにちぎれてしまうことが原因です。

 

それで、マッサージを行うことにより、
皮膚を柔らかくしておくなら、妊娠線予防につながります。

 

マッサージをするだけで、絶対に
妊娠線予防ができるというわけではありません。

 

確実に予防できるという方法は
今のところ明らかになっていないのですが、
少しでも予防するためには、マッサージがおすすめです。

 

実際に、妊娠線予防としてマッサージを
取り入れておられる妊婦さんの多くは効果を実感しておられます。

 

マッサージの仕方

 

妊娠線予防について

 

妊娠線予防としてとても効果的なマッサージ。
では、マッサージの仕方はどのようにすれば良いのでしょうか?

 

オイルやクリームを手に取り、温める

 

妊娠線予防として、専用のオイルやクリームを
使用しておられる方も多いと思います。

 

マッサージの仕方として最も重要なのは、
必ずそのような保湿成分を手に取った状態で行うことです。

 

妊娠中のお腹や皮膚は敏感なので、滑りが良い状態で
行わなければ傷が残ったり、
刺激が強すぎる可能性が高いからです。

 

さらに、オイルやクリームなどを温めることで肌によく浸透し、
保湿力を高めることができるので効果的です。

 

おへそを中心に優しく

 

クリームやオイルを温めたら、
おへそを中心にしてくるくると円を描くように、
色々な方向でなじましていきます。

 

足の付け根の部分にも、優しくなじませ、
お腹の下の方から脇腹に向かってくるくると
優しくマッサージしていきます。

 

最後は、大きく下から上に、ハートを描くような軌道で、
優しくマッサージしましょう。

 

このようなマッサージの仕方により、
保湿力を高めるだけではなく、皮膚を
柔らかくすることができるので、妊娠線予防として効果的です。

 

今回ご紹介したマッサージの仕方をぜひ参考に、
毎日根気強く対策を行ってみてはいかがでしょうか?