妊娠線 産後のケア

MENU

妊娠線は産後のケアがとっても大切?忙しくても取り入れたいケアとは?

妊娠線予防について

 

我が子の誕生は、人生の中でもとても嬉しい出来事ですよね!

 

10ヶ月という長い期間自分のおなかの中にいた我が子と
やっと会えて、幸せでいっぱいになるという経験は
とても貴重です。

 

妊娠中は、お腹の大きなお腹で動くのがしんどかったり、
つわりが辛かったと言われる方も多いですが、
生まれてしまえばそんな辛さは忘れてしまうという方も
多いと思います。

 

産後の辛いトラブル

 

妊娠線予防について

 

しかし、出産は体に大きな影響がありますから、
産後の身体のトラブルで悩まされる方も少なくないようです。

 

その一つに、産後の妊娠線があります。
妊娠線は妊娠中から出来始め、妊娠中のケアもとても大切です。

 

しかし、産後も妊娠線ができやすい時期と言われていますので、
産後のケアもとっても大切なんです。

 

では、妊娠線の産後のケアがとても大切なのはなぜでしょうか?
どのように産後のケアを行えば良いのでしょうか?

 

今回この記事では、そのような点について、
調べてまとめてみました。

 

肉割れの1種である妊娠線とは?

 

妊娠線予防について

 

妊娠線とは、端的に言うと、急に皮膚が強い力で
伸ばされることにより、細胞が傷つき破壊されてしまうことです。

 

それで、肉割れの始めは、内出血のような状態になり、
いずれ妊娠線として残ってしまいます。

 

皮膚がひび割れたように、白い線が何本か入ってしまう症状で、
別名はストレッチマークとも言うようです。

 

妊娠線と産後のケア

 

妊娠線予防について

 

なぜ大切?

 

産後はとても忙しいので、自分のことに
構っていられないということも考えられます。

 

それで、妊娠中は一生懸命ケアしていたのに、
産後のケアをついつい怠ってしまい妊娠線が残ってしまったと
後悔している方も少なくないようです。

 

ですから、忙しい産後こそ、妊娠線のケアがとっても大切です。

 

皮膚が伸ばされることが妊娠線の主な原因ですが、
急激な体重の変化やホルモンバランスの乱れも
妊娠線の悪化につながります。

 

それで、体重やホルモンバランスが大きく変化する
産後のケアは重要と言えます。

 

おすすめの産後のケア

 

妊娠線予防について

 

クリームやオイルの使用

 

まず基本的に取り入れたい産後のケアとして、
妊娠線の専用のクリームやオイルを使用しましょう。

 

肌が乾燥していると、妊娠線が悪化しやすいので、
妊娠線の改善や悪化予防目標に保湿を中心とした
産後のケアを行いましょう。

 

栄養はしっかりと

 

妊娠線は、新陳代謝が
活発になればなるほど早く改善していきます。

 

ですから、忙しくてもしっかりと栄養豊かな食生活を
意識することは、産後のケアとしてとても重要なんです。