妊娠線消す アットノン

MENU

妊娠線を消すのにアットノンは効くの?気になるおすすめケアとは?

妊娠線予防について

 

妊娠中や産後に目立ち始めてしまう妊娠線。

 

妊娠や出産自体は嬉しいことですが、その後に
妊娠線という置き土産は必要ありませんよね!

 

産後でも、子供とプールに行ったり海に行ったり、
水着になりたいので、お腹や足の妊娠線を何とかして予防したい、
消したいと思っておられる方は多いと思います。

 

妊娠線は後になってから改善するよりも、
予防する事の方が効果的だと言われていますが、
きちんとケアしていてもできてしまったり、少しの油断が
後悔に繋がるという事も考えられます。

 

そんな時に妊娠線を消す方法について、知っておきたいですよね!

 

では、妊娠線を消す方法としてどんなものがあるのでしょうか?

 

最近話題となっていることの一つに、
小林製薬のアットノンという傷跡を治療する薬
妊娠線を消すのに効果的だということがあります。

 

アットノンには、妊娠線を消す効果が
本当に期待できるのでしょうか?

 

今回この記事では、そのような点について
調べてまとめてみました。

 

妊娠線や肉割れが気になると悩んでいる方や、
原因について知りたいと思っている方は、
ぜひ参考にしてみてください。

 

この記事がお役に立てれば、嬉しく思います。

 

妊娠線を消すのにアットノン?

 

妊娠線予防について

 

アットノンは傷跡治療薬

 

アットノンは、傷跡を治療する薬で、
色素沈着などにも効果があると言われています。

 

妊娠線クリームは高価なものが多いですが、アットノンは
比較的お財布に優しい価格なので、妊娠線のケアとして
とても人気があるようです。

 

医薬品なので安心して使え、1年から2年経ってしまった傷跡にも
効果的だと言われています。

 

ですから妊娠線を消すために使う時にも、
1年から2年以内に使用するというのが限界かもしれません。

 

白いやけどなどの傷には効果がないと書かれていますから、
白い妊娠線や長い期間経過してしまった妊娠線には
あまり効果がないでしょう。

 

アットノンを妊娠線を消すために使用した方の中には、
少しずつ色が薄くなり効果が実感できたという方もおられます。

 

しかし、やはり基本的にアットノンは妊娠線クリームではなく、
傷跡をケアする薬ですので、必ず効くというわけではありません。

 

しかし、色素沈着を改善する効果があったり、
実際に効果を実感している方がおられるというのは魅力
です。

 

予防が大切

 

妊娠線予防について

 

アットノンは、妊娠線を消すのに
効果が期待できる場合もあるということが分かりましたが、
やはり一番大切なのは予防です。

 

妊娠線予防としては、基本的にクリームやオイルローションなどを
使ったものが人気です。